伝統からモダンまで品質とデザインで選ぶなら畳縁は高田織物株式会社

会社案内

高田織物会社外観

◆会社概要

設立 昭和25年11月13日
資本金 1,000万円
主要品目 畳縁
設備 電子ジャガード搭載6本掛けニードル織機 25台
メカジャガード搭載6本掛けニードル織機 50台
ドビー搭載2本~4本掛けニードル織機  021台
生産高 日産400万m
代表者 代表取締役 高田幸雄
社員数 30名
主要取引先 山中産業株式会社(本社大阪)

◆会社沿革

明治元年頃(1868年) 高田徳太郎 個人創業 備前小倉帯地製造
明治25年(1892年) 高田幸太郎 「川本屋」創業
高田幸太郎 引網織物業組合(92社)理事に就任
昭和初期 高田槇太郎 畳縁製造開始
昭和17年(`42年) 政府要請による企業統合にて山高織物有限会社設立 軍需紐ベルト製造
昭和25年(`50年) 高田織物株式会社設立 高田尚浩 畳縁製造開始
昭和37年(`62年) 合成繊維使用の紋縁開発、「大宮縁」全国展開
昭和42年(`67年) 「新大宮縁」全国展開
昭和46年(`71年) ニードル織機(150回転/分)の自社開発に成功
昭和47年(`72年) 工場水害(播東池決壊)
昭和53年(`78年) 中小企業振興事業団法に基づく設備共同廃棄事業に参加
(平成7年3月までの16年間、織機増設規制)
高田幸雄 社長に就任
昭和57年(`82年) 大宮縁全国代理店会「大宮会」設立
昭和61年(`86年) メカジャガード搭載ニードル織機(500回転/分)導入開始
昭和62年(`87年) 整経工場・製織工場・出荷場・事務所の集合化
平成03年(`91年) メカジャガード搭載ニードル織機化100%達成
平成07年(`95年) 電子ジャガード搭載ニードル織機(800回転/分)導入開始
平成09年(`97年) 整経倉庫増設
平成11年(`99年) 整織工場増設
平成12年(`00年) ISO9001認証取得、会社創立50周年
平成13年(`01年) 大宮縁全国代理店「大宮会」設立20周年
ISO14001認証取得
平成14年(`02年) 艶付工場の集合化(集合化完了)
平成16年(`04年) 工場高潮被害(台風16号)
平成18年(`06年) 構内の環境緑化スペースを拡充
平成23年(`11年) 第30回「大宮会」全国大会開催
平成24年(`12年) 第1回「新大宮会」全国大会開催
平成25年(`13年) 太陽光発電システム設置
平成26年(`14年) 畳縁ファクトリーショップ「フラット」オープン
平成27年(`15年) ISO9001・ISO14001 認証返上

◆アクセス

高田織物株式会社
〒711-0904 岡山県倉敷市児島唐琴2-2-53
TEL:086-477-7162